イメージ画像

助産師になる道のりは大変?

助産師という同じ職業であっても、勤務先の種類がいろいろありますので、やりがいや魅力も多少の違いはあるでしょう。 しかし、助産師として働く最大のいいところは、生命の誕生という神秘を支える立場であることは共通のはずです。

世の中にはさまざまな職業が存在しますが、助産師は女性しかなれない仕事です。 女性に生まれたことを十分に生かせる場として、助産師として活躍することはすばらしい選択です。 助産師にあこがれ、職業に選びたいと思っても、実現するまでの道のりは決して容易ではありません。

助産師の資格試験に合格すればよさそうですが、実際にはそれだけでは足らないからです。 看護師の国家試験に合格しなければならず、さらにこの2つの資格保有以外の資格もパスしなければならないのです。 なるのがそこまで大変な職業であるにもかかわらず、就業先の数がたくさんあるかといえば、そうとも言えないのが現状です。

医療機関の産科などがなくなっているので、就業先の数が少なくなりました。 現場では看護師の数が足りていないにもかかわらず、どうしてこのような状況になっているのでしょう。

看護師を育てる養成機関が少なく、医療機関の中には実地研修を行うところが不十分なので、現場で活躍できる人数が足りないのです。 看護師課程がある助産科の学校などは確かにあるのですが、かなり数が少ないままです。 不足であることは問題視されているのですが、だからといって改善されていません。

助産師を目指す女性が多いので、厳しい倍率に勝ち残るのは至難のワザです。 現状としては特に対策が取られているわけでもないので、この状況はしばらく続くでしょう。

助産科の大学の倍率をもっと落としてもらうか、採用枠を拡大するなどしないと、まだ動きは見られません。 資格試験を通るだけでも容易ではないというのに、さらに採用枠が少ないというのでは、看護師として役に立ちたくてもできません。 一方で、看護師のニーズが確実にあるのも事実です。

このページの先頭へ