イメージ画像

助産師転職サイトを使えば男性でもなれる?

トップ画像

現在のところ、日本で助産師になれるのは女性だけに限られています。助産師転職サイトを男性が使うことはできません。しかし、オーストラリアやイギリス、アメリカなどの外国では、男性でもなれる職業です。よく海外で流行したものなどはいずれ日本に来るなどといわれますが、男性の助産師が国内で誕生する日もいずれくるのでしょうか。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

実はこの日本でも、男性の助産師を認めるべきかどうか、国会に提案されたことがあります。 職業名から性別を意味する表現を取り除くために、助産婦は助産師へ、看護婦は看護師へと2002年3月より変更されました。

これは、保健師助産師看護師法が2001年に改正されたことを受けたものです。 これより少し前に、男性の助産師を許可してもいいのではないかと、日本助産婦会が動きだしました。

一度目は、提出のタイミングが衆参両院での調整に遅れてしまったのですが、再提出により国会での議論が2000年5月に実現しました。 マスコミにも取り上げられ議論を巻き起こしましたが、まだ早いとして叶わずに終了しています。

認められなかった理由として、助産師の性別を妊産婦が選ぶ権利の保証が確立されていない、男性の助産師に対して生理的な嫌悪感がある、などの意見があげられました。 この国会では見送られてしまいましたが、すべてが終結してしまったわけではありません。 議論はまだ、続けられているからです。

日本助産婦協会は「男女平等」や「時代の流れ」を元に、検討を求め続けています。 今のところ大きな前進はみられないものの、衆議院・参議院の厚生労働委員会にて附帯決議は可決されている状況です。

助産師は出産のときにサポートしてくれる存在なので、確かに女性によって抵抗がある方もいるかもしれません。 しかし、一方で産婦人科医の中には、多くの男性が全国的に活躍しているという現実もあります。

助産師という特殊な仕事内容と社会的使命の大きさを考えると、職業選択の自由や男女平等をうたう前に、施術を受ける側の女性たちの声にもっと耳を傾けていただきたいものです。

助産師のボランティアについて

医療関係のボランティアは日本国内のみにとどまらず世界各国で求められていますよね。 助産師の場合も、ボランティアとして活動している人たちがたくさんいます。

出産に関するスペシャリストということもあり、出産に関する設備や知識が不足している国では非常に重要な存在だと言えるでしょう。

日本国内においては、日本赤十字社が専門のグループを結成しており、日本赤十字社主催のボランティア活動も数多くあります。 どういった場面での活躍が期待されているのかというと、日本国内では災害時の活動が挙げられます。

特に大きな災害が起きてしまった際には、現地で様々な処置を行うことになりますよね。 助産師の場合、看護師の資格も取得しているわけなので、現地で活かせる知識は非常に多いです。 出産に関することだけでなく、怪我の手当や処置も担当することになるでしょう。

ボランティアとして現地に派遣される場合、普段接する機会がほとんどないような人たちと協力をしながら現場を支えていかなければなりません。 そのため、協調性がある人でなければなにをすればいいのか戸惑ってしまうかもしれませんね。

また、災害の現場では状況が急変することも考えられるので、責任を持って自分から動ける人材が求められています。

現場によっては医療機器が不足している状態で対応を迫られることもあるので、病院で医療を提供するのとは状況が違うということをよく理解しておきましょう。

そういったことを考えると助産師になりたての人はボランティアに不向きなので、できれば3年以上経験を積んだうえで参加をしたほうがいいですね。

海外でのボランティア活動の場合、医療関係のボランティア団体としては国境なき医師団が有名です。 発展途上国に出向いてボランティア活動をすることが多いのですが、こういった国々では出産における死亡率が非常に高く、それを抑えるためにも助産師は大切な役割を持っています。

無事出産をしたとしてもその後の過程で亡くなってしまう方もいるため、妊婦や乳幼児に対する健診も重要な仕事のひとつです。

病院助産師として働く

助産師が活躍できる職場はいろいろあるのですが、代表的なものとして挙げられるのが病院ですよね。 病院内での助産師の仕事といえば、出産に関することだけを想像しがちですが、実はそれ以外にも様々な仕事を担当することになります。

例えば、母親支援や更年期障害に関する相談を受け付けたり、性教育や避妊に関する指導を行うこともあるのです。

また、妊娠をしたくてもできない不妊症に悩むカップルをサポートするというのも助産師の仕事です。 不妊に悩んでいる人の中には精神的にも疲れ果ててしまっている人が多いため、メンタルケアに関する仕事も担当することになります。

他にも、就職する病院によって担当すべき仕事内容は変わってくるので、自分の知識や経験を活かして働くことができる職場を探してみてはどうでしょうか。 就職に関しては、求人倍率が約4.0〜5.0倍となっているため、求人を見つけることは難しくありません。

ですが、どの病院でも助産師にとって働きやすい環境が用意されているとは言えないのが現状です。 給与はもちろん、福利厚生や勤務条件は、就職する病院によって大きく違いますよね。

給与だけにこだわって就職活動をしてしまうと、想像以上に忙しかったり、福利厚生が充実していないなどの不満を抱えてしまうこともあるので、細かい点まで確認したうえで働く職場を探したほうがいいでしょう。

病院で助産師として働いた経験は、他の職場でも活かすことができるはずです。 他にも助産院や診療所、保健所など様々な場所で助産師が求められているので、どうしても病院の仕事が合わないと感じた場合には転職について考えるのもいいですね。

助産師不足の問題もあり、求人の中には助産師が働きやすいように体制を整えてくれているところがあります。 子育てが忙しくて短い時間しか働くことができない、毎週○曜日は休みにしてほしいといった要望に応えてくれる病院もあるので、自分が希望する条件が通る求人がないかチェックしてみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ